ディスコ/DISCO HITS

シンディ・ローパー<Time After Time>

シンディ・ローパー Time After Time

posted by アプリコット at 15:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | シンディ・ローパー

シンディ・ローパー<Girls Just Wanna Have Fun>

シンディ・ローパー Girls Just Wanna Have Fun
posted by アプリコット at 03:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | シンディ・ローパー

アートアタック<Mandolay>

posted by アプリコット at 16:35 | Comment(18) | TrackBack(0) | アートアタック

デッド・オア・アライヴ<Turn Around And Count 2 Ten>

この曲もノリノリでディスコで踊りました。

タグ:disco
posted by アプリコット at 11:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | デッド・オア・アライヴ

クイーン<Bohemian Rhapsody>

『オペラ座の夜』は世界的なヒットであり代表曲のひとつ『ボヘミアン・ラプソディ』に象徴される、豪華できらびやかなクイーン独自のサウンドを確立し、アメリカでの知名度も格段に上がった。最高傑作との呼び声も高い。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋



posted by アプリコット at 13:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | クイーン

クイーン<I want to break free>

ベースのジョン・ディーコンが引退してからも、ギターのブライアン・メイとドラムスのロジャー・テイラーの二人がクイーンの名を受け継ぐ形で活動を展開し、2005年からポール・ロジャースと組み「クイーン+ポール・ロジャース」として活動している。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

posted by アプリコット at 15:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | クイーン

クイーン<Killer queen>

1974年にフレディによる彼ら初の世界的シングルヒットとなる、『キラー・クイーン』(サードアルバム『シアー・ハート・アタック』からのシングルカット)がリリースされた。翌1975年に初来日。日本でのあまりの歓迎振りは彼らにとっても驚きだったと、後にメンバーがコメントしている。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

posted by アプリコット at 15:52 | Comment(10) | TrackBack(0) | クイーン

シンディ・ローパー<The Goonies 'R' Good Enough>

1980年代を代表するポップス歌手。
デビュー当初は、古着の様な格好と後にハリウッドメイクと言われるメイクやハリウッドスマイルと呼ばれる上唇をめくり上げ四角く口をあけるユニークな笑顔などでメディアを驚かせた。
様々な曲調を歌いこなす事から「七色の声を持つ歌手」と称される。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

posted by アプリコット at 15:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | シンディ・ローパー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。