ディスコ/DISCO HITS

Cliff Richard - We Don't Talk Anymore (1979)

この曲、クリフ・リチャードのWe Don't Talk Anymore「恋はこれっきり」を私が初めて聞いたのは、1980年代初期のFM東京のDIATONEポップスベストテンを聞いていた時でした。
1位がポリスのMessage In A Bottle「孤独のメッセージ」で2位がこの曲だったのを鮮明に覚えています。
当時、新宿のディスコに週5日くらいのペースで行っていた私は、この曲がかかるとノリノリでした。
イギリスでは特に人気のあるアーティストで現在でも時々イギリスのテレビに出演されているとロンドン在住のお友達から聞きました。
posted by アプリコット at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

A Taste of Honey - Boogie oogie oogie

いつもブログを見に来て下さっている皆様ありがとうございます。
テイスト・オブ・ハニーはギターとベースを弾くジャニス・マリー・ジョンソンとヘーゼル・ペインからなる女性デュオです。
この曲「今夜はブギ・ウギ・ウギ」は1978年のデビュー曲で両チャート1位になっています。
1981年の曲「Sukiyaki」は、坂本九の「上を向いて歩こう」をカヴァーした曲で大ヒットしました。
posted by アプリコット at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70年代ディスコ曲

Peaches & Herb - Funtime

いつもブログを見に来て下さっている皆様ありがとうございます。
ピーチズ&ハーブのファンタイムがかかるとフロアは急に盛り上がっていました。
服装もサーファーとハマトラが流行っていて、渋谷のウッズはサーファーが多かったですね。
当時、新宿の東口から歌舞伎町に行く途中にTown&countryのショップがあってよく買いにいってました。
posted by アプリコット at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピーチズ&ハーブ

Electric Light Orchestra - Last Train to London

いつもブログを見に来て下さっている皆様ありがとうございます。
エレクトリック・ライト・オーケストラはコンフュージョンがFMラジオから流れてきたのがきっかけで好きになったのですが、そのうち新宿のラジオシティーを初め新宿、六本木の各ディスコでこの曲、Last Train to Londonがチークタイム前によくかかっていました。
オリビア・ニュートンジョンのザナドゥのサウンドトラック等も担当してましたね。
過去記事はこちら→Olivia Newton John & ELO - Xanadu

Kool & The Gang - Celebration

いつもブログを見に来て下さっている皆様ありがとうございます。
この曲、Celebrationは、リードボーカルのジェームス・JT・テイラー加入後の最大のヒット曲です。
彼は79年〜88年まで在籍し、その後ソロシンガーとして活躍、95年に復帰しましたが現在はソロとして活動しています。
posted by アプリコット at 17:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | クール・アンド・ザ・ギャング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。