ディスコ/DISCO HITS

Bangles<Eternal Flame>

バングルスは80年代、最も成功した女性バンドと言われている。 この曲、胸いっぱいの愛 (Eternal Flame)は1989年に米英で1位となった。 しかしこの直後にバンドは活動を停止した。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

posted by アプリコット at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

Shakatak / NIGHT BIRDS

イギリスのフュージョンバンドであるシャカタクは1982年にシングル曲Night Birdsで世界的に大ブレイクしました。Invitationsとともにシャカタク初期の曲は圧倒的に日本のファンの支持を受けています。この曲も再UPになります。いつもブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。

posted by アプリコット at 18:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

Debbie Gibson - Lost In Your Eyes

ニューヨークまれの彼女は幼少時からピアノを習い作曲の才能も発揮します。Foolish Beat (1988)とこの曲Lost In Your Eyes (1989)は全米ナンバーワンヒットとなっています。
いつもブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。
デビー・ギブソン−ロスト・イン・ユア・アイズ ← 和訳

posted by アプリコット at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

Whitney Houston-Saving All My Love for You

ホイットニー・ヒューストンさんの突然の悲報には驚きました。 彼女はデビュー2作目であるこのシングル曲「セービング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー」から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てました。この記録はビートルズの6曲連続を超える新記録であり、2012年現在いまだに破られていません。 ディスコのスロータイムでよく流れていたのを思い出します。
(ウィキペディアより抜粋)
posted by アプリコット at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

Shakatak / Easier Said than Done

いつもブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。 仕事帰りの愛車の中でクロスFMからこの曲がいつも流れています。最近のお気に入りです。

posted by アプリコット at 17:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

REO Speedwagon/IN YOUR LETTER

REOスピードワゴンは1971年にデビューしたアメリカのロック・バンド。代表曲には「Keep On Loving You」「Can't Fight This Feeling:涙のフィーリング」「In Your Letter:涙のレター」などがある。キャッチーなメロディ、爽やかなボーカルで大きな成功を収めた。1991年10月に解散したが、1992年後半に再結成を果たし、現在も活動を続けている。
Wikipediaより抜粋
posted by アプリコット at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽

Cliff Richard - We Don't Talk Anymore (1979)

この曲、クリフ・リチャードのWe Don't Talk Anymore「恋はこれっきり」を私が初めて聞いたのは、1980年代初期のFM東京のDIATONEポップスベストテンを聞いていた時でした。
1位がポリスのMessage In A Bottle「孤独のメッセージ」で2位がこの曲だったのを鮮明に覚えています。
当時、新宿のディスコに週5日くらいのペースで行っていた私は、この曲がかかるとノリノリでした。
イギリスでは特に人気のあるアーティストで現在でも時々イギリスのテレビに出演されているとロンドン在住のお友達から聞きました。
posted by アプリコット at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 70〜80年代洋楽
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。